ゆるりと☆漫画で戦国時代

戦国武将にまつわる逸話をゆるーく、漫画にしました☆それにまつわる観光地やエピソードをご紹介しています!

⇩ブログ移転しました!新しい漫画やらはこちらにUpしております♪⇩

yururito-sengoku.com

 

森蘭丸はめちゃくちゃ優秀?織田信長の顔をたてすぎる話

f:id:moriairin:20170504193927j:plain

織田信長の小姓として有名な森蘭丸
歴史に前世詳しくなくても名前は知っている!という方も多いと思います。
近年はゲームやアニメなんかでも森蘭丸はかなりキャラ立ちしてますよね。気づけば『森蘭丸は美少年』みたいなイメージが定着しちゃってるように思います。笑

 

森蘭丸織田信長の顔をたてすぎる

f:id:moriairin:20170504193630j:plain

たかが『小姓』、なぜ森蘭丸は有名なの?

そもそも小姓って何?という疑問がでてきますよね、
小姓とは武士の役職であり、大名に仕え、雑用をしたり、お世話したり、ピンチの時にはたてとなり命にかえて主君を守ったり・・・という役割を担っています。
イメージとしてはボディーガード兼秘書、といったところでしょうか。

加賀百万石で有名な前田利家もかつては織田信長の小姓だったし、
大河ドラマで有名な井伊直虎の後継者、井伊直政徳川家康の小姓、
そして石田三成もかつては豊臣秀吉の小姓をつとめていました。

彼らは大人になり、戦場での槍働きや政務などで有名になりましたが、森蘭丸は『信長の小姓』として有名になりました。

『小姓』として有名になった森蘭丸はすごいですよね。なぜ織田信長はそんなに森蘭丸のことを気にいってたのか、不思議ですよね。
小姓は蘭丸だけではないですし・・・。


森蘭丸のなにが凄いのか、というと、彼は若くして上司の心をグッと掴む術を持っていました。
上の漫画にもあるように、上司の顔をたてる、上司の気づかないところでも上司をわっしょいする、そんな細かな気づかいができるのが森蘭丸なのです。

 

 

 

ブログ、記事リンクフリーです。 画像のみの無断転載はご遠慮願います。 ©moriairin